BLUE STAR|ブルースターマガジン

学生たちを東北へ。きっかけバス山梨、いよいよ発進。

KIKKAKE2.jpg

ブルースターマガジン第4号にて取材させて頂いたきっかけバス山梨。

(きっかけバス山梨については本誌第4号を参考にしてください。配本希望はinfo@valem.jpまで)

KIKKAKE.jpg

2月25日夜、甲府市内のホテルで出発前のディスカッションが行われました。ツアーコーディネーターと学生約30名はこの夜から4日間かけて宮城県、福島県を回ることになります。出発の前に全メンバー揃っての顔合わせ。山梨学院大学のコアメンバーをはじめ、帝京科学大学、山梨英和大学、身延山大学、都留文化大学、山梨大学と県内6大学から参加。学部はさらに多岐に渡り、法学部から工学部、環境学部や仏教学部まで多様な学生さん達が集まりました。出身も東北から九州まで様々で、普段勉強している分野は違うけれど、それぞれが被災地に対して知識を深め、支援したいと集まった仲間達です。1人1人、順番に自己紹介をしていき参加した動機や今回の活動に参加する意気込みなどを語りました。印象的だったのは宮城県気仙沼出身の学生。参加することに対しギリギリまで迷っていたそうです。被災地が出身地である自分が参加することで、他に被災地に行きたいと思っている人の座席を1名分奪ってしまうことになるのではないか。そう思っていたそうですが、被災地への強い思いから決断しきっかけバスの参加に踏み切りました。自分の出身地が大変な目に合い、復興支援を必要としている状況で、他に参加する可能性のある、顔も存在も知らない人のためを思うことは容易なことではないと思います。今回集まった学生の皆は、被災地を思い、今、僕たち私たちに何か出来ることはないだろうかとその"きっかけ"を掴みにやってきた人達なのだと強く実感しました。

私たちができることはなんだろう?

 

photo_1-thumb-1200x1200-421.jpg

きっかけバスの学生たちの活動を伝えることもブルースターマガジンの1つの役割ですが、きっかけバスの活動の源である寄付金を集めるための募金箱をデザインし制作しました。震災から3年、一言に支援といってもその形は多様になっています。このプロジェクトの魅力は、被災地にいく学生たちのきっかけづくりを私たち社会人が作ってあげられるところではないかと思います。そうすることで、間接的にではありますが、私たちも被災地の支援に役立てて頂ければそんな思いで、実際に被災地へと赴く学生の皆さんが簡単に組み立てることができるバス型の募金箱を、直接この出発の日に手渡すことができました。他県のきっかけバスグループとのコミュニケーションのツールとしても役立てて頂けると嬉しいです。四角い枠の中にはシンボルである♥マークを各々で書き込めるようにしてあります。この日皆さんの自己紹介の最後に一言、喋らせて頂く機会を頂きました。この時期ちょうど山梨は雪害被害の直後、私が雪害を体験して1番に感じたことはその場にいて被災している人と、そうでない人との災害認識のギャップでした。実際に被災地に足を運び、目で見て、そこに暮らす人達の話しを聞くことは、何よりも生の情報を得ることが出来ると思います。その場所でしか感じとることができないもの、見られないもの、聞くことができないもの、貴重な機会を存分に活かし学びを深めて来て欲しいと、そんな話しをしたような覚えがあります。
期待、不安、緊張、参加した学生たちの表情はその複雑な胸中を物語っているような印象を受けましたが、いざ出発の時刻が近づいてくると、私たちに「行ってきます」と力強い笑顔で応えてくれました。各々の思いを胸に、きっかけバス山梨は甲府を旅立って行きました。

KIKKAKE3.jpg

KIKKAKE4.jpg

 

きっかけバス山梨報告会

 

 

IMG_4881.JPG

3月16日、宮城、福島を訪れ、被災地から帰ってきたきっかけバス山梨のメンバーによる報告会が山梨県立図書館にて開催。メンバー以外も自由に参加することができ、今回のメンバー以外の学生、甲府の市議会議員の方や山梨県観光課職員の方も参加されていました。被災地の現状、被災地から学ぶ防災、放射能問題の3部構成。メンバーが実際に被災地を訪れ、感じたことを各々担当する代表のメンバーが発表しそれについて意見交換を行うという形式で報告会は進められていきました。実際にその場に行って見たもの、感じたものは、学生たちの心境に大きな影響をもたらしたのではないでしょうか。前に立って私たちに向けて話す表情は出発前の顔つきよりもどこか逞しく感じられました。学生たちが被災地を訪れ、その事実を風化させることなく伝えることもきっかけバスの大きな役割の1つです。さらに、被災地から学ぶこと。それは、もし私たちが住む山梨の土地に災害が起きた時の対策です。きっかけバスの活動と並行しメンバー2人が市と協力して独自に取材、編集した防災対策の冊子は、山梨近郊の自治体の備蓄や対策について細かく調べてありよくまとめられていました。つい最近では未曾有の雪害になり、自然災害に見舞われることの少ない土地の脆弱性(災害に見舞われることが少ないことはとてもありがたいことでもありますが。)が露見し、あらためて私たちの生活や災害に対する防災意識を見直すいい機会となったのではないでしょうか。地震だけでなく、それに伴う地盤沈下、液状化、さらには、富士山噴火、山津波とよばれる山間部の土砂災害など、山梨で起こりうる可能性のある災害について様々な意見が交わされ、報告会参加者は知識を深めました。

IMG_4871.JPG

IMG_4925.JPG

IMG_4936.JPG

別室では被災地へ行ったメンバーたちが映し出された写真や、被災地へ行っている間にしたためられたスケッチブック、バス型の紙に貼られたメンバーたちによるメッセージが展示され、活動の様子がありありと伝わってくる内容に、訪れた人々は真剣な眼差しでその足跡を見つめていました。

IMG_4953.JPG

IMG_4949.JPG

 

自分たちで出来る事を探して動くこと。

 

2.jpg

学生たちが実際に被災地を訪れて感じたことの中にこのような言葉がありました。私自身が甲府の雪害を通して感じたことの中にも共通しています。雪害のときに不思議と自分の中に湧き上がってきたこの思いは、自分の中のバイタリティとして私の背中を押してくれました。目の前に直面した問題に対し、考え、行動すること。東日本大震災と比較すれば、雪害などほんの些細なことだったのかもしれません。それでも、人命も失われ、数日間、車内や電車内に閉じ込められてしまった人もいるので、災害であることにかわりはありません。これはいかなる状況でも通じることかもしれませんが、良きも悪くも、予想外の事態が起きたときに自分はどうするのか、最善の選択ができるかどうかという状況対応力の必要性は自身の経験から実感しました。予め決められたマニュアルに沿うこと、基本を遵守することは社会で生きていく上でもちろん大切にしなければいけないことです。備えることの重要性はもちろん、時には取るべき行動や出来る事を自分自身で考え、いざ不測の事態が起きたときにも判断出来る能力を身に付けておく必要性を強く感じました。世の中には情報がありふれていて、タップひとつ、スライドひとつで様々な情報を得ることが可能です。その情報を受け入れているだけでは、自己判断能力は麻痺し考えて行動する能力はどんどんと衰えてしまうのではないでしょうか。これは私自身を含め現代社会に生きる全ての人に起こりうる、もしくは既に起きている事象です。なぜ?どうして?時に、疑問を持つことで生まれる好奇心が自分自身にアクションを呼び起こしてくれるスタートアップとして機能してくれます。メンバーの中に、きっかけバスから帰って来てからさらに学びを深めたいと、この報告会の前日に、福島第一原発立ち入り禁止区域付近まで自主的に赴き、周辺地域の人に放射能についてヒアリングしてきたという学生さんがいました。「実際に足を運ぶことでわかることがある。」きっかけバスの活動を通し、その考え方が彼の中に活きているのだと思います。その原発付近の様子、人々の話を彼は私たちに語ってくれました。様々な人や事情が絡み、一個人ではどうにもならない問題ではありますが、問題提起することで、そこには議論が生まれます。議論は人を介して新たな意見や知識、疑問を創り新たな課題や目標、動機を与え、コミュニケーションの場を創作します。大きな池に小石を投げ込んで広がる波紋のように、小さな小さな繋がりから、大きく人の輪も広がっていくのではないでしょうか。隣の人とのつながりやコミュニケーションの重要性を実感したと、きっかけバスのメンバー達も報告会で言っていました。なにか疑問を投げかけ、提起し、行動する、自分が主導となって動くことはとても勇気がいることです。ですがどんな小さなことでも、いざというとき自分や誰かを救う"きっかけ"になるのかもしれません。彼、彼女たちもまた、被災地へ行くきっかけバスの活動から、これからのことや次に繋がる新たな"きっかけ"を見つけることができたのではないでしょうか。

IMG_4959.JPG

PHOTO/TEXT=TOMOHISA MOCHIZUKI

きっかけバス募金箱が欲しい、設置して頂けるという企業、店舗様がおりましたら

info@valem.jpまで

きっかけバスについては

メール:kikkakebus.yamanashi@gmail.com

サイト:http://kikkakebus.tasukeaijapan.jp/about/

ブログ:http://ameblo.jp/kikkakebus47/

topMain.gif

×LUCKY Open Factory

lucky8.jpg

 

BLUE STAR MAGAZINE本誌で山梨学院大学卒業のOGを紹介しているコンテンツ「彼女」

今回はWEB限定出張版として、山梨学院大学卒業のOB、つまり「彼氏」に会いに行ってきました。山梨の地場産業である宝飾産業から、甲府で70年以上の歴史を誇るLUCKY co.,ltd.さんの営業としてバリバリ活躍する山梨学院大学卒業の彼氏の2人を取材しました。

甲府は宝石の街。

lucky9.jpg

桃、葡萄、鳥もつ、甲州印傳、ほうとう、富士山、武田信玄、山梨といったらまず思い浮かべるイメージやワードたちです。実はこれらだけではく、全国的にあまり認知されていない事実なのですが山梨県は宝飾産業が盛んなのです。そもそも、宝石の街甲府と呼ばれており、県内にジュエリーの会社は非常に多いです。日本全国のジュエリー出荷額、シェアの1/3を山梨県が占めているそうですから、有名ブランドのOEMから自社ブランドまで、山梨県にはジュエリーがひしめいているのです。この記事を読んでいるあなたがプレゼントにもらったそのジュエリーも、有名なセレクトショップやジュエリーショップにレイアウトされているあのジュエリーも、もしかしたら山梨県産のジュエリーかもしれません。山梨県は宝石はもちろん貴金属加工、彫刻、造形から販売まで、ジュエリーが買い手の手に届くまでの工程を全て行える土地なのですから。その他にも宝石美術を専門的に学ぶ専門学校もありますし、ミス宝石というミスコンが毎年開催され、グランプリに選ばれた女性は1年間山梨の宝石産業のアイコンとしてアンバサダーを務めます。こういったように、宝石に関連したイベントやトピックも多いのです。

新社屋が4月に完成。LUCKY Open Factory.

lucky7.jpg

そんな宝石の街で70年以上の古い歴史を誇るジュエリー会社LUCKY.co.,ltdはデザインから販売まで社内で一貫して行っている会社で、OEMから自社ブランドまでジュエリーを手掛け、自社ブランドでも若者向けのカジュアルなラインから、ブライダルラインまで幅広く展開しています。今年4月には新社屋が完成。Open Factoryとしていつでも会社見学ができるようなオープンスタンスで運営されています。平日のみならず、土日祝日も好きなときに見学する事が出来ます。屋内の作りもまるでミュージアムのように見学者向けの作りになっています。エントランスにある階段には100万個のキュービックジルコニアが敷き詰められ、壁には今まで作ったデザイン画や金型や原型がズラリと並べられています。工房もガラス張り、職人さんやデザイナーさんが仕事をしている風景を見ることができます。社員の方々も見られ慣れている様子で、気にする様子もなく黙々と作業していました。あえて会社の様子を一般に開放し、仕事内容や製作工程をオープンにすることで、作られている商品との距離がグッと縮まる印象を受けました。工場というと、ちょっと近寄りがたいイメージを抱くかも知れませんが、その名の通りOpen Factoryとして開かれているので、アート作品を観に美術館を訪れるような感覚で見学する事が可能です。見学者向けのもう1つの目玉として、その場で型を選んでオリジナルジュエリーを作製し、お持ち帰り頂くことも出来るワークショップ体験をご用意。お土産にも最適でとても気の利いた計らいが嬉しいですね。

先輩に聞く。

 

今回お話させて頂いたのは山梨学院大学経営情報学部卒入社8年目

柳澤洋至さん(写真右)と山梨学院大学政治行政学部卒入社6年目

原田洋平さん(写真左)営業チームで共に切磋琢磨するお二人です。

lucky4.jpg

営業の方々ですから会社のセールスポイントを熟知しているハズ。ということでLUCKY Co.,ltd.の特色や強みを聞いてみました。

柳澤さん「社内で企画、開発、製造、販売と商品を一貫して作っているのは大きな強みで、デザイナーさん、職人さん、営業が同じ社屋内にいることで連携が取りやすく、レスポンスの速さは納期の短縮にも繋がるとともに、品質の良い商品をよりお求めやすく提供する事ができます。」

lucky6.jpg

原田さん「デザイナーさんや職人さんが近くにいるので、お客様のニーズを双方に伝達しやすいですし、柔軟に幅広くお応えすることができます。生産力もあるので大量ロットの受注にも対応できます。」

やはり自社で商品の企画、開発から製造販売まで一貫して行えるところがLUCKYとしての1番の強みで、直接商品を扱いお客様と接する営業サイドにもそのメリットは大きいようです。

lucky5.jpg

柳澤さん「基本的には僕ら2人、もしくは後1人いて3人でチームとしていることが多いんですけど、営業や出張に出た際には個々に別れて仕事することがほとんどです。同じ営業部署のチームではありますけどそのほうが仕事の効率がいいんです。」

原田さん「協力、共有する部分はもちろんあるんですが取引先は個人で行きますね。会社は部署単位、チーム単位での評価よりも個人の働きによる評価に重きを置いています。1人、1人やった分だけちゃんと評価してくれますし、そうすると自然と営業同士がいい刺激をうけて競るようになる。競ることで、お互いの励みにもなります。」

2人はパートナーであり、良きライバルといったところでしょうか。互いで高め合って仕事をしているナイスコンビ。そんな2人は年齢は2つ離れていますが共に山梨学院大学卒業。山梨学院大学について魅力を聞いてみました。

柳澤さん「キャンパス内の施設はとても綺麗で充実してました。今はラウンジになっている場所は当時も憩いの場でしたね。個性的で面白い講師の先生が多く、そういった先生の講義は特に印象に残っています。」

原田さん「山梨学院大学はやはりスポーツが強いですから、特にスポーツ施設はすごく整備されていました。体育の時間はすごく良い環境で身体が動かせたので、学業と共に充実していました。」

lucky1.jpg

開放的な社屋によってコミュニケーションを円滑に行える環境のため社員同士仲が良く、会社のアットホームな雰囲気が2人のやりとりを見ていてとても伝わって来ました。先輩と後輩でいながらお互いを認め敬いつつ、良い意味でフラットな関係性を築いているのを、取材の中から感じました。

lucky2.jpg

2人はそれぞれ、夢と目標を実現するための向上心を持って日々互いに高め合っているようです。醸し出す雰囲気は力が入りすぎず、程よくラフな自然体。だけど、仕事ともなればキッチリと。そんな彼氏のお二人をご紹介させて頂きました。今後も各々が掲げる目標に向かって頑張っていってほしいと思います。

lucky3.jpg

Model/Hiroshi Yanagisawa,Youhei Harada 

Cooperation/LUCKY Open Factory

Photo/Yujiro Kagami

Text/Tomohisa Mochizuki

ブルースターマガジンが今年4月に創刊したときに

創刊記念プレゼント商品として作っていただいた

BLUE STAR MAGAZINE×INDEN-YAのパスケース。

滑らかな手触りの鹿革にキメの細かい艶のあるブルースターオリジナルの漆文様。

使えば使うほどに手に馴染む甲州印傳独特の風合いを楽しめるこちらの逸品。

おかげさまで予定数を上回るご応募があり、プレゼントは終了となりました。

photo_2.jpg

photo.jpg

present-(1).jpg

先日、フォネットTVさんの「イコマの部屋」にてBLUE STAR MAGAZINEを紹介させていただきました。

イコマの部屋 vol.44 ~綺麗どころ3人揃って『グータン』かって感じ♪ 動画アプリも紹介~

http://www.youtube.com/watch?v=gCqKH3cviqk

976849_527234104002250_211476125_o.jpg

写真 25-04-2013 22 10 18.jpg

BLUE STAR MAGAZINE創刊を記念しBLUE STAR とINDEN-YAがコラボレーションいたしました。

県内の女性に山梨の良さをもっと知ってもらいたい気持ちから作られたパスケースです。

山梨を代表する老舗INDEN-YAのパスケースを抽選で100名様にプレゼントいたします。

お申し込みはこちらまで

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://bluestarmag.com/contact/

お名前、ご住所、bluestarmagazineへのご感想をそえて   ご応募ください。

お待ちしております。

Feature Archives